Webライターがきついと言われる理由5選!経験ゼロでも実践できる解決法を紹介!

Webライター

「Webライターって大変?」
「自分がWebライターに向いているかどうかを知りたい」
「きついと感じた時はどんなことをしているの?」

結論から言ってしまうと、Webライターは見た目ほど楽な仕事ではありません。

なかなか稼げない、仕事も受注できない、クライアントの指示に振り回されるなど、現役のライターでさえ苦しいと感じることが多々あるのが現状です。

しかし、これらの問題は決して解決できないわけではありません。

本記事ではWebライターが仕事中にきついと感じた時の解決法や、以下の内容を紹介しています。

  • Webライターがきついと感じる理由
  • Webライターが向いている人の特徴
  • きついと感じた時の解決法
  • Webライターを続けると手に入る未来

Webライターという仕事に不安を感じているあなたに向けて、これ以上悩まないためのノウハウを紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

現役Webライターでも「きつい」と感じる理由5選

現役Webライターでも「きつい」と感じる理由5選

まず始めに、現役Webライターでもきついと感じる理由を5つ紹介していきます。

【Webライターがきついと感じる理由5選】

  1. なかなか稼げない
  2. 仕事を受注できない
  3. 自由に書けるわけではない
  4. クライアントからの指示をこなすことに苦労する
  5. スケジュール調整が難しい

それぞれ詳しく解説していきます。

なかなか稼げない

Webライターの収入は初心者の場合、1記事あたり数千円程度と思ったほど高くありません。

情報のリサーチや記事の執筆に時間がかかるため、時給に換算すると100円以下になる場合もあります。

1記事数万円のような高単価案件を受注するには、実績の他に専門知識や資格が要求されることも多く、初心者が受注することは困難です。

また、相場以下の低単価案件を受注して疲弊することも、初心者にはありがちです。

時間ばかりかかって稼げない状況が続くことは、Webライターにとって最もきつい状況と言えるでしょう。

仕事を受注できない

自分が受注できそうな仕事がなかなか見つけられないことも、Webライターのきつい部分です。

案件にはクライアントが希望条件(例:有資格者限定など)を設定している場合もあり、初心者ライターは採用されにくいのが実情です。

また初心者向け案件は競争率も高いため、自分のスキルや熱意をアピールして他のライターと差別化する必要があります。

自由に書けるわけではない

Webライターがやるべきことは、クライアントのニーズに応える記事を執筆することです。

自分の書きたいジャンルを選んだり、自分の考えを自由に書けたりする案件は殆どありません。

「文章を書くのが好きだから」という理由でWebライターを目指す方にとっては、もっともギャップを感じる部分かもしれません。

クライアントからの指示をこなすことに苦労する

Webライターは、クライアントからの指示に従って記事を書き進める必要があります。

しかし、中には指示をこなすことが大変なクライアントも存在します。

  • 指示内容が不明瞭でわかりにくい
  • 納品した記事に何度も修正指示が出される
  • 連絡のレスポンスが遅い など

指示を的確に実施するためにも、日頃からコミュニケーションをしっかり取っておくことが大切です。

クライアントのニーズや考え方を把握しておけば、指示をこなすことも少しずつ楽になっていくでしょう。

スケジュール調整が難しい

多くのWebライターは複数のクライアントと契約して仕事を行っています。そのため、案件の納期が重なってしまうと、休みが取りづらい状態になる場合もあるでしょう。

あるいは体調を崩すなどして、予定通りに作業ができないこともあり得ます。

そのため、余裕を持たせたスケジュールを立てて作業を進める必要があることを、覚えておきましょう。

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴

次に「Webライターに向いている人の特徴」を3つ紹介していきます。

【Webライターに向いている人の特徴】

  • 納期を守る
  • 根気強く作業できる
  • ビジネスマナーを守ってコミュニケーションを取れる

1つ1つ見ていきましょう。

納期を守る

Webライターにとって納期を守ることは最低限の義務ですが、ライターの中には連絡なしに案件を辞退する非常識な人もいます。

そのため、クライアントにとってはスキルが優秀なライターよりも、納期を守ってくれるライターを優遇する傾向にあります。

たとえ初心者で特別なスキルや知識が無くとも、納期を守って仕事を続けていれば、クライアントからの信頼を獲得できることを覚えておいてください。

根気強く作業できる

Webライターは文章を書くよりも、リサーチやアイデア出しといった、地味で時間のかかる作業に黙々と取り組む時間も長いです。

また、書き上げた記事に対してクライアントから修正指示が出ると、作業をやり直さなければなりません。

地味な作業であっても、コツコツと作業を続けることが苦にならない人は、Webライターに向いていると言えるでしょう。

ビジネスマナーを守ってコミュニケーションできる

Webライターにとって文章力は重要なスキルですが、ビジネスマナーも欠かせません。

質の高い記事が書けたとしても、ビジネスマナーが乏しければ、クライアントから敬遠されてしまう可能性が高いです。

ルールを守り、相手に配慮したコミュニケーションが取れるライターは、クライアントからも信頼されやすく、継続案件を受注できる可能性も高まるでしょう。

Webライターがきついと感じた時の解決法5選

Webライターがきついと感じた時の解決法5選

Webライターがきついと感じた時の解決法を、以下の5つの状況別に解説します。

【きついと感じる5つの状況】

  1. 収入を上げたい場合
  2. 仕事が受注できない場合
  3. 執筆に時間がかかる場合
  4. クライアントとのやりとりがうまくいかない場合
  5. スケジュール管理がうまくいかない場合

それぞれ詳しく解説します。

【収入を上げたい時】:低単価案件には応募しない

収入を上げるためには最低でも「文字単価0.5円以上」の案件に絞って応募し、経験を積みましょう。

文字単価0.1円〜0.4円の低単価案件は「地雷案件」である可能性が高く、稼げないばかりか時間を取られて疲弊しやすくなるためです。

案件をこなして記事作成に慣れてきたら、文字単価1.0円以上の案件にも応募しましょう。

文字単価1.0円以上の案件を受注できれば初心者レベルは卒業したと言えます。ただし、求められるスキルも上がるため、スキルアップのための継続した勉強が必要となるでしょう。

【仕事が受注できないとき】:仕事の幅を広げる

仕事を受注できない場合は、応募するジャンルの幅を広げてみましょう。

  • 趣味でやっていること
  • 少しでも「書けそう」と思ったジャンル など

特に「少しでも書けそう」と思ったジャンルには、積極的に応募するのがおすすめです。

同じジャンルであっても、同じ人生を経験した人はいないので、あなた独自の強みを活かした記事を執筆できます。

また、大手サイトだけを利用するのでは無く、他のプラットフォームでも案件を探してみましょう。

合わせてクライアントに刺さる提案文の内容を作成すれば、受注率もアップします。ぜひ実施してみてください。

【執筆に時間がかかるとき】:リサーチに時間をかける

担当した記事の信頼性を上げるためには、執筆よりもリサーチに時間をかけるようにしましょう。

リサーチ不足の状態で執筆を始めてしまうと、再度リサーチをして完成まで時間がかかってしまうためです。

リサーチを行う時のポイントは「必要か不要か」を考えないことです。

記事を作成する際には、綿密なリサーチを欠かさないように注意しましょう。

また、ライティングスキルを学ぶことで執筆速度を向上できます。

発注者からのフィードバックや本での勉強などを取り入れて、執筆スピードを上げていくことを意識しましょう。

【クライアントとのやりとりがうまくいかないとき】:温度感を合わせる

「クライアントとのやりとりが上手くいっていない」と感じた場合は、コミュニケーションの温度感を合わせてみましょう。

堅苦しかったりフランクだったりと、クライアント側の感覚に合わせれば、親しみを持たれやすくなります。

また、フィードバック内容を記録し、以降の記事では必ず反映するようにするなどして、クライアントの手間を省く気遣いも大切です。

フィードバック作業はクライアントにとっても負担の大きい作業ですので、繰り返しフィードバックが必要なライターは敬遠されます。

それでもやり取りがうまくできないという場合は、「相性が悪かった」と考えて案件を辞退することも検討しましょう。

【スケジュール管理がうまくいかないとき】:前倒しで作業する

体調不良や身内の不幸など、予期せぬトラブルが原因で納期を過ぎてしまった……というのはWebライターのよくある失敗談の1つです。

納期を破るとクライアントの事業計画にも影響が出てしまいます。

理由を話せば理解してくれるクライアントは多いです。「納期を超えてしまうかもしれない」と感じた時点で早めに連絡を行いましょう。

もちろん、想定外の事態が起こっても対応できるように、スケジュールを立てることが前提です。

初心者の目安としては、1記事1週間程度での納品を目指しましょう。

その上で納期よりも前倒しで納品できるように作業を進めていきましょう。結果としてスケジュールにも余裕が生まれて楽に仕事を進められるようになります。

【きついけど】Webライターを続けると手に入る未来

【きついけど】Webライターを続けると手に入る未来

本項目では、Webライターを続けることで手に入る未来を3つ紹介していきます。

【Webライターを続けると手に入る未来】

  • 安定して仕事が得られる環境が手に入る
  • 一生使えるスキルが身に付く
  • クライアントや読者から感謝される

順番に解説していきます。

安定して仕事が得られる環境が手に入る

新しい技術や知識が生まれれば「答え」を探す人や「悩み」を抱える人が出てきます。

そのため「答え」が掲載されている「Web記事」の需要が無くなることは考えにくいです。

記事を書く以外にも、YouTube動画の台本作成など、Webライターの仕事は文章を用いるあらゆる場面で対応可能です。

また、生成AIが今以上に発展することで新たな仕事が生まれる可能性もあります。

  • 人の目で記事の監修をして信頼性を上げる
  • 生成AIが作成した文章を修正する など

Webライターの仕事を続けていれば、安定して仕事が得られる環境が手に入るでしょう。

一生使えるスキルが身に付く

Webライターに求められるスキルは、ライター以外の仕事にも活用できる一生物のスキルです。

  • 文章力
  • 構成力
  • ニーズを探る思考力
  • 結論ファーストで物事を伝える能力 など

これらの能力はビジネスの場面で役立ちます。

何より、言葉や文章は一生使い続けるものです。生きていく上で決して無駄になるスキルではありません。

クライアントや読者から感謝される

単純ではありますが、自分の記事が読者やクライアントから評価されると嬉しいものです。

苦労した分だけ報われた気分になりますし、モチベーションも上がり、次も頑張ろうと思えます。

リサーチした情報を元にあなたが書いた記事は、世界でたった1本しかありません。そうした、たった1本の記事を評価されることは、他の仕事では味わえない喜びがあります。

まとめ

記事のまとめ

本記事のまとめです。

  • なかなか稼げないなど、Webライターの仕事はきついと感じる部分が多い。
  • ただし、必要な知識やスキルを身に付ければ、きつい状況からは抜け出せる。
  • なによりもWebライターとして身に付けたスキルは、一生あなたの助けになる。

Webライターはきついと感じる部分も多い職業ですので、まだ不安に感じることがあるかもしれません。

ですが、あなたなら大丈夫です。

「Webライターってきついのかな……」と感じるあなたは、軽い動機で始めた人と比べて、ずっと真摯にWebライターという仕事に向き合っているからです。

あなたに必要なのは踏み出す勇気を出すことだけです。まずは求人サイトに登録するところから始めてみましょう。

最後になりましたが、あなたがWebライターとしてデビューできるように応援しています!